世田谷区インプラント,東京インプラント,用賀インプラント,インプラント治療,インプラント料金,審美歯科,入れ歯,差し歯

従来の治療との違い
インプラントとは?
従来の治療法 インプラントによる治療法
従来の治療法

ブリッジでは、周りの歯を大きく削らなければなりません。場合によっては神経をとらなくてはなりません。

インプラントによる治療法

インプラントでは両端の歯はそのままで、負担もかかりません。

従来の治療法

取り外しの義歯の場合、残っている歯に金属のバネをかけて支えています。違和感があり、清掃も難しく見映えも良くありません。また、数年の内にバネの支えになっている歯が移動したり、グラグラになってくることがあります。それに加えて義歯の下の顎の骨もやせて来ますので合わなくなり、作りかえを何度もしなくてはなりません。

インプラントによる治療法

インプラントでは失われた歯根部分の骨を支えにして人工の歯を固定します。噛む力は天然の歯と同じように骨に伝わります。残っている歯には負担はかからず、むしろ保護されます。インプラントが入っていることで顎の骨が吸収される(やせる)のを防ぎます。

従来の治療法

総入れ歯の場合、入れ歯を固定する力が弱く、ぐらついたり、ずれたりします。そのため、食べ物を噛むために充分な力をかけることができません。噛む力はインプラントの数分の一といわれています。

インプラントによる治療法

インプラントでは、義歯は顎の骨に固定され、力を入れて噛むことができます。食感も天然歯に近く、食べる楽しみを取り戻すことができます。取り外しのわずらわしさもありません。

ページTOPへ戻る

インプラント術前検査

当院では安全・確実なインプラント治療のためにCTによる術前検査を行っております。これにより、手術部位のあらゆる断層面や3D画像で、骨の幅・深さ、骨の質がわかります。また、神経や血管、鼻、隣接臓器との関係などを正確に診断することが出来ます。単純なレントゲン写真だけで手術を行った場合、手術中予想外の状況になることがありますので危険です。検査をすることで、インプラントの種類(メーカーや太さ、長さ)、手術法(切削による埋入か、タッピングあるいは拡張による埋入か)、骨移植が必要か否か、メンブレン(GBR)が必要か否か‥など術前に予想がつきますので安心です。手術中に何かが足りないとか、予想外に骨が無かった、骨が柔らかかったなど色々なことが起こり得ますので、妥協した手術になったりしますと必ず失敗の原因になります。

1.検査と治療計画
1.検査と治療計画

失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法には様々な選択肢があります。歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者さんに無理のない衛生管理などを含め総合的に検討した上で、治療計画が立てられます。

2.一次手術 3.治癒期間
2.一次手術

顎の骨にインプラントを埋め込みます。

3.治癒期間

一次手術後、3〜6ヶ月の治癒期間をおくことで、インプラントと骨が強い力で結合します(オッセオインテグレーション)。この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。

4.二次手術 5.人工の歯を作製・装着
4.二次手術

歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける準備をします。この状態で、歯ぐきが治るまで1〜6週間おきます。二次手術を行わない1回法の手術法もあります。

5.人工の歯を作製・装着

歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。形や色などは患者さんに合わせて作製し、インプラントに取り付けます。スクリューで固定します。この他、人工の歯をセメントにより固定する方法もあります。

ページTOPへ戻る